すごい客を検索する

キーワードや検索条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

検索範囲 本文   タイトル   投稿者名
キーワード
性別 男性 女性 すべて
年齢  〜  歳

3422件見つかりました。

すごい客   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   すごい客
某ハンバーガーショップで
男性/43歳/にた
すごい客.com

以前勤めていたハンバーガーショップに訪れたイケイケのお姉さんのお話です!
一通りハンバーガーのセットを注文された後に、こちらから、「お飲み物は何になさいますか?」と訪ねたところ、「コーラに決まってんじゃん!」と言われました(笑) お客さんのさじ加減1つだし(笑)
ただ、上司にその話をしたら、カッコいいお客さんだね〜と感心してました(笑)


このすごい客のURL コメント(0)
すごい客.com
通販でパソコン練習
女性/41歳/シュナ
すごい客.com

勤務先の通販お問い合わせ電話にお年寄りからネット注文方法を教えてほしいと電話がありました。ページの見方が理解できない、目が悪くて文字が見えないと何度も怒りながら電話してきました。電話注文でも受けられるとおすすめしたところ、パソコンを購入したばかりで何としてもネット注文したいそう。特徴のある声と態度で何度も怒りながら電話してくるこのお客さまは、名乗らなくとも社員にパソコン教室お爺さんとして認識されていました。


このすごい客のURL コメント(0)
すごい客.com
かつてのバイト先のコンビニで
女性/33歳/キース
すごい客.com

あれは高校時代にアルバイトをしていた某コンビニでの出来事です。ふらふら〜とおぼつかない足取りで店に入ってきたオッチャン。アイスクリームのコーナーで約20分も品定めをしたうえでレジに持ってきた1本のガリガリくん(ソーダ味)。レジに置くなり「おいっ、温めろ!!」と言ってきたのです!!私は「アイスなので温めると溶けてしまいますよ。」と優しく言ったのに、「この店の、店員は、客の言うことが聴けんのかあ!!」と言って、ガリガリくん(ソーダ味)を手に取り、「おい金出せ!!」と言ってきた時、ちょうど近くの警察署の人が客として入って来て、それを見たオッチャン、手に持ったガリガリくんを大急ぎで冷蔵庫に戻し、急いで店を出て行きました。


このすごい客のURL コメント(0)
すごい客.com
パート先の書店にて…
女性/24歳/洸 魁斗
すごい客.com

ウチのお店では基本商品〈雑誌など書籍〉などは不良品などではない限り返品をうけておりません。
ですが、ある日、一人の男性の方がレジに来られ、「これこの前買ったやつで返金をしたい」と当店の袋に入った家計簿をカウンターに出してきました。
私は、何か不良があったのだろうと思い、男性に「こちらはどういった経緯でのご返金ですか?」と聞いたところ、男性は、「これは俺が思っていた物と違う!欲しいのはこれを買ったその後に買ったからこれはいらん!返金しろ!」と言われました。
ですが家計簿はシュリンクもなにもしてないので、中身は見れるのです。なのにそれを返品、返金と言われても…と私は困りましたが、一応そういった方が来られた際はレシートをお持ちか確認しなさい。と教育を受けていたので「こちらはレシートはお持ちですか?」ときくと、男性はレシートを出されました。私は家計簿とレシートをもち男性に、「こちら、念のため社員に確認をしてまいりますのでお待ちください。」レジから出る前にふ、と後列をみるとお昼時で混む時間だったのでお客様も並ばれ、まだかまだかと待たれているのを申し訳なく思いながらもレジを離れました。
バックにいき、社員に確認をしたところ、「基本は返品、返金は受けてないのでとお伝え下さい。」といわれ私は言われたことを男性に伝えました。私はそこで諦めてくれるかと思いましたが、男性は「それは、おかしいだろう!家計簿なのに返品は出来ないのか!」と怒鳴られました。
私は「こちら家計簿でも書籍という扱いで当店も販売をしており、基本不良品でない限り返品は受けておりません」と言っても男性は聞く耳持たず、周りのお客様も何事かとこちらをチラチラと見ていかれます。同じレジスタッフも心配そうな目で様子をみてました。
そんな空気にも気付くことなく男性は「返品、返金が無理ならこの商品と同等の金額の金券をだせ!おれはそうでないと納得がいかん!!」と睨みつける始末。「当店ではない金券の発行は行っておりませんし、返品、返金のことは当店での決まりでもありますので…」とお伝えしても引いてくれず、結局もう一度社員のところに行かされ、やりとりを話すと、社員さんも困ったように、「そう。ならもう、今回だけお受けしてください。ただし次回からはこのような事がないようにお願いします。と伝えなさい」と言われました。
レジに戻りその事を伝えるとまだ納得がいかない顔をしながら、「書籍や雑誌が返品できないのはわかったが家計簿だぞ。なぜ出来ない。」と言われました。私は困り果て黙っていたところ男性が、「まぁ、君は悪くないからね。悪かったね。」と返金金額を持って帰られました。
その後、私はその方の次にお支払いされるお客様に「大変だったね。ああいう人もいるいるのね」といわれ、スタッフや社員からも「お疲れ様、凄く怒られていたね」と言葉を頂きました。


このすごい客のURL コメント(0)
すごい客.com
大雨の夜に
女性/18歳/かぴ
すごい客.com

某飲食店でアルバイトをしている私が1年前に体験した話です。
その日は朝からずっと雨が降り続いており、アルバイト先の駐車場にも水たまりがたくさんできていました。店内に入ろうと思うと必ず水たまりに浸かるか1-2mほどジャンプをしなければならないので雨の降っている日はほとんどお客様がこないのが当たり前となっていました。
夕方の5時ごろでしょうか、あまりにもお客様がこないので店を早く閉めることになり閉店準備をしていると突然そのお客様は来店されました。
「おい!水たまりのせいで足が濡れたやないか!どーしてくれるんや!」急にそう怒鳴られて私達は必死に謝るしかありませんでした。あまりにもくどくどと怒鳴られるのでこちらもだんだん冷静になっていきよく考えてみると、どこを歩いてきても足は濡れるしお店をぱっと見て水たまりに浸かるだろうとは考えられなかったのでしょうか?その後怒鳴りちらしたそのお客様は何も購入せず帰っていきました。あの時間は何だったのでしょうか。いまだに疑問しか浮かびません。


このすごい客のURL コメント(0)
すごい客.com
焼き鳥屋さんで
女性/32歳/キイロイトリ
すごい客.com

友人と隠れ家的焼き鳥屋さんに行った時のことです。
看板も何も出ていないお店だったので外で友人を待っていると、外国人の男性2人組がお店の中に入って行きました。数分後、やってきた友人とお店の中に入り、目の前で焼いてもらえるカウンター席に案内してもらうと、隣は先程の外国人でお店の人と注文のやりとりをしていました。ぎゅうぎゅう詰めのカウンターだったので、そのやりとりは丸聞こえ。日本語は全く話せないようで、身振り手振りで伝えていました。お店の方も一生懸命聞いていましたが、突然片方の男性がiPhoneを取り出し、店員に見せたのは、画面いっぱいに大きな文字で書かれた「私はベジタリアンです」の文字。焼きながら様子を伺っていた店主もお手上げのジェスチャー。慣れた様子でお店に入って行ったので、焼き鳥屋ということは知っていたと思いますが、あまりにも謎なお客でした。そのあと肉以外の串を数本食べて、いつの間にか帰っていました。隣の私たちに、たばこを吸ってもいいかと聞いてくれたりとてもいい人たちでしたが、どうして焼き鳥屋さんを選んだのか未だにきになります。


このすごい客のURL コメント(0)
すごい客.com
割り込みおばさん
女性/56歳/ショコサン
すごい客.com

息子がまだ小学生だった時のことです。その日は小僧寿しを食べたいと言った息子に近所の小僧寿しに行って買って来てもらう事にしました。その時に息子が遭遇したおばさんが強烈で、息子がレジで会計をするためにずっと待っていると、どこかのおばさんが息子の前にすっと割り込んで来たそうです。息子はその時混んでいて結構並んでいたこともあり、そのおばさんに、並んでいるんだから後ろに並ぶように伝えたそうです。おばさんは子供のくせに生意気だ。と怒り出したそうです。息子も負けてはいません。僕の後ろにもたくさんの人が並んでいるんだ。ちゃんと並ばないといけないんだよ。と言ったそうです。周りの人の目もあったからか、そのおばさんは生意気だのなんだの言いながらも後ろに並んだそうですが、息子は帰って来てから、大人のくせにそんなこともわからない人がいるんだね。と怒っていました。私は子供だから割り込んでもいいと思っている図々しいおばさんが世の中にはいるのだな。と思いましたが、子供には大人のくせに知らないなんて恥ずかしいね。と言っておきました。ら


このすごい客のURL コメント(0)
すごい客.com
バイト先のパスタ屋の常連さん
女性/29歳/けっぴ
すごい客.com

学生時代バイトしていたパスタ屋によくいらっしゃっていた常連さん。
50代くらいのお母さんと20代くらいの娘さんのお二人でいつもご来店してくださっていました。

そのお二人が頼むのは、和風スパゲティのカテゴリーの中のもの。そしてそれを「味なしで。」と必ず言われます。キッチンは味付けをせずに出していました。食後は必ず「お湯ください。」と言われ、ティーカップでお湯を飲んでから帰って行かれていました。

雰囲気も不思議な感じの漂うお客様で、謎に包まれすぎていて忘れられません。


このすごい客のURL コメント(0)
すごい客.com
すごい客   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   すごい客


すごい客目撃談大募集!
すごい客検索

性別:男性 女性 すべて
年齢: 〜  歳

転職失敗体験記.com おもしろアルバイト体験記.com
子供のビックリ発言.com 幸せな瞬間.com
座右の銘.com その時私は泣いた.com
ブルーな気持ち.com プロポーズ.com
親父ギャグ.com 修羅場.com
初体験.com  
同じURLで携帯からも見れます!
携帯で読み込んでください。
http://www.sugo-kyaku.com